MENU

エクオールが作れない人もいるって本当なの?

エクオールについて調べていると「エクオールを作れない人もいる」こんな情報を目にしませんでしたか?
もし、これが本当だったら見逃すことができませんよね。

 

そこで

 

「本当にエクオールが作れない人はいるの?」
「作れる人と作れない人ではいったい何が違うの?」
「作れない人はどうすればいいの?」

 

といったことについてお話していこうと思います。

エクオールが作れる人は日本人の2人に1人!?

結論からいってしまうとエクオールは誰でも作れるわけではなく、作れない人もいます。
かなりショックな話ですが、作れない人の場合、
大豆イソフラボンをいくら摂取してもエクオールの恩恵を受けることができません。

 

実はエクオールが作れる人は日本人の2人に1人だけ!
半分の人しか作れないなんて、とても少ないですよね……。
しかも、若い世代ほど作れない人が多いといわれています。

 

エクオールを作れる人の割合は地域によっても差があって、関東だと50%くらいですが、
関西になると一気に下がって33%程度。
同じ日本人でもこんなに違いがあるなんて驚きです。

 

ちなみに海外に目を向けると中国や台湾は日本と同じ2人に1人の割合ですが、
欧米の場合は3人〜4人に1人しかエクオールを作れないとされています。

エクオールを作れる人と作れない人の違いって?

エクオールを作れる人と作れない人では、なにが違うのか気になりますよね。
この違いは簡単にいうとエクオール産生菌という腸内細菌を持っているどうかです。
持っている人は作れますし、持っていない人は作れません。

 

エクオールを作れる人には次のような共通点があります。

・大豆製品をいっぱい食べている
・緑茶を飲むことが多い
・野菜をしっかりと食べている
・規則正しい生活をしている
・タバコを吸っていない

 

該当する項目が多い人ほどエクオールを作れている可能性が高いです。
逆に大豆製品を食べる機会が少ない人や野菜を食べない人、
不規則な生活をしている人などはエクオールを作れない危険があります。

 

エクオールが作れるかどうかは尿検査でチェックできます。
病院でもチェックできますが、時間がない人は通販の検査キットを利用してみてください。

 

エクオールを作れる体にするにはどうすればいいのか?

検査をしてエクオールが作れない体だった場合、ガッカリされると思いますが、まだ諦めないでください!
今は作れなくても頑張れば作れるようになるかもしれません。

 

以下のことを意識するとエクオールが作れるようになるかも!

・大豆製品を毎日食べる
・タバコをやめる
・規則正しい生活をする
・乳製品の過剰摂取に気をつける
・食物繊維をたくさん摂る
・ストレス対策を行う

 

こうしたことを意識して生活をすると腸内環境が良くなって、エクオールを作れる体になるといわれています。
ぜひやってみてください!

 

エクオールサプリ写真